ひとりでいく

割とどこへも一人旅、ひとりに慣れ過ぎて色々と麻痺しているかもしれない

スーツケースを新調してみた

以前スーツケース選びに悩んだ記憶から書いた此方

 

hitorideiku.hatenablog.com

 

とうとうこの時に書いていたスーツケースの車輪に亀裂が入り、新調する事にしました

  

 

フレームかファスナータイプか

 

 これまで使用していたのはファスナータイプ

縦にした時に上部に隙間が出来るので、ファスナーを開けてぽいっと追加で入れる事が出来る点がとても気に入っていた

 

前回ファスナータイプの方が本体重量が軽いと書いたが、ここ数年進化を遂げているのでフレームタイプでも軽い物も増えている

 

そこで今回フレームタイプで以前と同程度の容量でそれよりも本体が軽いスーツケースが無いか探してみた

そしたらあったんですよ、見た目もそれなりに好みなシンプルさ!

しかも安くなってる〜!!!

 

 HIDEO WAKAMATSUデザインシリーズ

 すごい沢山バッグを出してらっしゃるのですが、若松さんのサイトの中で気になった記事があったんです

 

今回購入したスーツケースは協和さんが手がけています

協和さんはランドセルで有名な会社なのですが、そのランドセルに関する此方の記事でした

 

昨今の色鮮やかでデコラティブなランドセル、個人的にはやっぱり赤と黒でいいやん

好きな方を選んだらそれでいいやん

と言うか軽く進化すると良いですね!と言う気持ちだった

協和さんは見目的には変わらないシンプルなランドセルを手掛けている、技術はちゃんと6年間扱いが悪くてもへこたれない強さ

 

よし!ここのスーツケースを買ってみよう〜!!!

と言う流れだったのである、先述の容量と重さの関係で候補になったのがNARROWと名付けられたシリーズ。JALのサイトでも販売されていて、ボーナスマイルも付いていたのだけど協和さんのページで販売されている方が購入時は随分安かった

 

3サイズから選べるフレームタイプ

これはフレームタイプ、と言っても本体もがっしりしたタイプではなく、ポリカーボネートのペコっとするタイプのスーツケースである

堅牢さを求める方からすれば候補から外れるかもしれないが、これまでもペコっとタイプで割れ物移動も特に問題なかったので個人的に不安は別にない

 


 

機内持ち込みしたい方は此方のサイズ

カラーが3色あって、どれでも男女共用で使いやすそうなのもポイントが高かった


 

 

結構悩んだのがMとLの差、バカみたいに大きな物を買わなければこの69Lでも結構入るのだ

しかし毎回の様にバカみたいに大きなサイズ物にも手を出している自分を思い出してLにした

 


 

 

 届いたら90Lはそりゃ想像通り大きかった

外寸計 146.5cm(車輪を含むと157cm)

重量 4.2kg

多くの航空会社の規定”3辺の合計(総外寸)158cm以内”の1cm少ないだけと言う限界を攻めたサイズながら4.2kgは凄い軽い!

 

圧縮袋など使わないベーやん、この容量なら適当に詰めても何とかなる!!!

 

シングルホイール、ツインホイール

 今回は絶対にツインホイールにしたいと考えていた

よくスーツケースを使用している友人に聞くと、多くが「ダブルの車輪がいいよ〜」とツインホイールを支持していたのだ

 

そりゃ4本で支えるより8本がいいよね!

1本の車輪がもし割れてしまっても7つまだ残っている

静音ホイールってのも何気にポイント高かった、価格面でも超満足!

やっぱりスーツケースは消耗品、今はその時々の予算に合うベストを購入して、いつかは高くても長く使える物へと変化して行けるといいなぁと思います

 

 

残念な事に、次の相棒が決まったのですが特に旅の予定は今の所ないのでした

 

広告を非表示にする