読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりでいく

割とどこへも一人旅、ひとりに慣れ過ぎて色々と麻痺しているかもしれない

ポルトガルのポルトでとても優美な本屋さんに行ってみた

ハリー・ポッター好きには有名な本屋さんがポルトガルポルトにある

その本屋さんはなんと建築物自体が世界遺産、そして入場料が必要なのだ!

 

美しい本屋『Livraria Lello & Irmão』

1869年創業、1906年に今の場所に移って営業を始めたそう

ハリー・ポッターの作者、J・K・ローリングがこの街で英語教師として働いていた事があり、その時にこの本屋さんに訪れた事が作品に影響を与えたのでは!?と言われている

f:id:hitorideiku:20161128010111j:plain

階段だけでも一時間は余裕で魅入ってしまう

天井がステンドグラスになっており、壁面は勿論本屋さんらしく本がずらりと並んでいる

 

イギリスの新聞でThe world's 10 bset book shopsにランクインした事でも話題を呼んだが、自身の中では現在ぶっちぎりNO.1のどこを見ても美しい本屋さんである

階段の踊り場から一階奥を見てみるとこんな感じ

f:id:hitorideiku:20161128010851j:plain

本だけでなく、ちょっとした小物や店内写真のポストカードなども販売されている

2階の一角はカフェになっていてコーヒーを飲みながら店内を楽しむ事も出来る

シャンデリアではなく、この様なランプが下げられているのだが、ランプシェードがまたお洒落!!!

天井の淡いピンク色はポルトガルの建築では良く見かけるカラー

階段の真紅とのコントラストが効いているのもまた魅力

f:id:hitorideiku:20161128011022j:plain

※店内の撮影は許可を頂いております

 

どう言うシステム?

普通の本屋さんと違って、まず表通りのチケット売り場で入場券(€3)を購入する

しかし、中で本を買えばそのチケット代は差し引いてくれる

入るだけなら有料だが、ちゃんと中で買い物をすれば入場無料と言う優しいシステムになっている

警備員さんが入口にいるので入る時に購入したチケットを見せる

f:id:hitorideiku:20161128011511j:plain

※入場券も店内での買い物もクレジットカードの使用が可能

 

訪れた日はあいにくの雨模様だったが開店前からチケット売り場は列が出来ていてビックリ!

混雑時はある程度入場制限がされたりするのだろう、店内はそんなに広くない

街のあちこちで補修中の建物を見かけたが、このレロイイルマオン書店も修復が必要な様子

なんと雨漏り!!!

f:id:hitorideiku:20161128013254j:plain

平積みの本の上に傘が広げられている大らかな対処法に何ともほっこりしつつも、早く修復されます様に。と願わずにはいられなかった

ちゃんと透明の傘が選ばれているのには「いいね!」である

 

ベルギーのブリュッセルにも昔ダンスホールとして使われていた美しい本屋さんが有名で訪れた事があるのだが、レロ書店の美しさはまたそれと違った

この本屋さんに行きたいが為にポルトに立ち寄ったといっても過言ではないのだが、その値打ちはあったなぁと今もしみじみ

 

リスボンからも電車で簡単にアクセスできるので本屋好きさんには是非おススメです!

 

Livraria | Livraria Lello Porto

●月~金/10~19時半 土/10~19時 日曜・祝日定休

広告を非表示にする