ひとりでいく

割とどこへも一人旅、ひとりに慣れ過ぎて色々と麻痺しているかもしれない

ウィーンでザッハトルテ三昧してみたら

この間からウィーンの事ばかり書いている割に、超有名なケーキに関してはまだ書いてなかった

日本でもお馴染みとなっているザッハトルテ

デメルのサイトにはこう記されている

ザッハトルテは、菓子職人フランツ・ザッハが考案した世界で最も有名なチョコレートケーキ。
皇帝フランツ・ヨーゼフにも愛されたというデメルザッハトルテ、そして、デメルの3代目女主人アンナの名を残したアンナトルテ。デメルを代表するお菓子をどうぞお楽しみください。

引用: http://www.demel.co.jp/shop/torte.html

 

デパ地下でパッケージ可愛さについつい引き寄せられるデメル

本拠地ウィーンではそれはもう静かに大興奮でございました、勿論ザッハトルテも頂いたのですが、実は複数回の滞在で一つづつ食べてザッハトルテ三昧してみました

 

デメルでは他にお気に入りのケーキに出会ってしまった話↓

hitorideiku.hatenablog.com

 

Sacher Cafe でザッハトルテ

f:id:hitorideiku:20161127214740j:plain

深夜までケーキが気軽に頂ける便利なSacher Cafe、一人でも入りやすいので一人旅さんにもおススメ!

結論から言ってしまうと自分の中で現在一番のお気に入りはここのザッハトルテ

クリームとの相性と甘さのバランスが好みだったのである

生地は少ししっとりしていて、甘さ控えめ

チョコレートが甘い分のバランスが綺麗!

www.sacher.com

 

 

Cafe Imperialでザッハトルテ

f:id:hitorideiku:20161127215538j:plain

どちらかと言えば、誰かと一緒に訪れたい

一人で新聞を広げて優雅さがあるなら一人でも行きたい(笑)

そんな雰囲気がある空間

 

インペリアル・トルテ、と言う名ではあったがその名の通りホテル・インペリアルのオリジナル感がある

そして此方はしっかりと甘い。甘かった

他にも色とりどりの美しいケーキが並んでいて、目移りしてしまった

 

空間的に一番ゆったり出来るのはCafe Imperial、ちょっと賑やかな方が落ち着く場合はデメル

食べたい!と欲に負けて足を運ぶのがザッハー・・・何たる贅沢な悩みを与えてくれる街なんでしょう。ウィーン

 

www.cafe-imperial.at

 

ウィーンで頂くべしメランジュ

紅茶、珈琲も良いのですが折角ウィーンで頂くならメランジュ(Melange)

インペリアルで頂いているのがまさにそれ

ミルクとコーヒーがほぼ同量なので、コーヒーが苦手でもこれはまろやかで飲める!という声も

因みにカプチーノはカプツィーナー(Kapuziner)、モカベースで泡立てたミルクかクリームを選べます

日本で良く飲まれている様なのが飲みたい!という場合は泡立てたミルクを選べばOK

 

そしてザッハーで頂いてるのがフランツィスカーナー(Franziskaner)

メランジェの上にクリームが乗っています

砂糖が入っていないので見た目は甘そうですが、甘くなくコクのあるミルク感を楽しめる一杯

 

以前、NHKグレーテルのかまどでウィーン風アレンジコーヒー5種を紹介していた回があったので探してみると発見!

ウィーンの甘い秘密 ~カフェめぐりの旅~ | レシピ | NHK「グレーテルのかまど」

www.nhk.or.jp

お家でもお試しあれ~!

 

 

おまけ・・・

f:id:hitorideiku:20161127221943j:plain

日本で食べ比べるんだ!とデメルはお土産にも買ってしまった

cafeで頂くとやはり出来てからの時間の関係か、お土産の物ともやはり少し違って感じたのですが、それは現場のテンションも加味されているやも

 

広告を非表示にする