ひとりでいく

割とどこへも一人旅、ひとりに慣れ過ぎて色々と麻痺しているかもしれない

ポルトガル産の紅茶を飲んでみた

実はポルトガルには時差が一時間発生する島がある

日本で言う沖縄の様な温暖な気候を持つ島群”アソーレス諸島”

サン・ミゲル島サンタマリア島フォルミガス島、テルセイラ島サンジョルジェ島ピコ島ファイアル島グラシオーザ島、フローレス島コルヴォ島

 

 

一番大きなサン・ミゲル島、そこでは何と茶葉が生産されているのである

これまでヨーロッパで唯一の茶葉生産地としても有名だったのだが

イギリス国内で僅かながら紅茶が生産される様になり、唯一ではなくなってしまった

 

ポルトガルのお茶ってどう?

 アゾレス諸島で作られてた茶葉はリスボン市内でも購入出来る

※写真の一部は島でしか買えない場合もある

f:id:hitorideiku:20161119234951j:plain

 

島の北側に位置するゴレアナ茶園で生産されている

www.gorreana.pt

種類はそれなりにあるのだが、全体的に出が薄い・・・

煎茶の出がらしの様である

 

そしてポルトリスボンで頂いた別の紅茶も薄かった

例えばTwiningsだったりTWGと言った良く味を知る銘柄、偶然かもしれないが

サーブされるのは少しぬるく、そして薄い

 

ポルトガル産の紅茶が薄いのもそれに起因する所もあるのかな?と勝手に感じている

 

ポルトガルと紅茶

ポルトガルとイギリスと紅茶の関わりは深く

1662年にチャールズ2世へと嫁いだポルトガルの王女キャサリンが、中国の茶と当時は貴重であった砂糖を大量に持参し、宮廷に喫茶の習慣を持ち込んだ

詳しくは日本紅茶協会のサイトで紹介されている

www.tea-a.gr.jp

日本で中々手に入るものでは無いし、お土産としておススメである

 

ポルトガルなブレンド!?

スーパーでも勿論沢山のお茶を見かけるし、宿泊先で朝ごはんを頂くと沢山のTea bagが揃っていた。でも、何やらいつもと違う

ベーシックなアッサムやアールグレイではなく、フレーバーティーがやけに多いのだ

それも果物の

f:id:hitorideiku:20161120000300j:plain

甘い物好きなポルトガルの皆さんはもしや紅茶も甘めがお好き!?なのか

香りのほんのり甘いフルーツティーが種類豊富に揃っている

※でもやっぱり出は薄い

 

街中を思い返すと、フランスとイギリスの文化を取り入れているのを多く見かけた

ポルトガルは何だか妙に気になる。が詰まった国であった

 

広告を非表示にする