読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりでいく

割とどこへも一人旅、ひとりに慣れ過ぎて色々と麻痺しているかもしれない

Ryanairに乗ってみた

ファンファーレで完結する飛行機移動

絶対乗らないわ~、と欧州圏で生活していた友人が言っていたLCCがRYANAIRだった

「いくら安くても死にたくない※」

との事

※価格が安い分、どこかで安全性にかける費用が少ないと言う意味でのコメント

 

そうは聞いても選択航路が無さ過ぎたのでこれしかなかった!

RYANAIRに乗ってみた

 

何がそんなに不評なのか

失敗しない様に下準備すればきっとある程度不評部分は払拭できるはず

事前に色々調べてみると以下の点が要注意項目の様子

 

・発着空港を必ず確認 ※

・オンラインチェックインを忘れるな!

・チケットをプリントし忘れると発券手数料が凄い高い

・荷物サイズと重量が厳しい

・EU圏外在住者はチェックイン前にVisa Checked

Visa Checkedのカウンターとチェックインカウンターが別で判りにくい!

 

ふむ、この6点に気を付ければ多分大丈夫・・・なんかな?

激安LCC使ってみるか!

 

※日本でもLCCのターミナルがある様に、別の建物の場合もあり

 大きな空港ではなく、メイン空港とよく似た名前の小さな空港の場合もある

 

アイルランドLCC

www.ryanair.com

何年か前にサイトを見た時は恐ろしく怪しい航空会社に思えた

でも最近ちょっとスタイリッシュ!

そして何かしらのプロモーション期間に当たるとやっぱりめちゃめちゃ安い!!!

予約の方法は他社LCCと変わりは特にない

特に問題なくスムーズに購入

 

心配性なもんで有料オプション

チケット購入後にボーディングパスをプリントアウト出来る訳ではなく、オンラインチェックイン後にプリントアウトできる

滅多に使わない有料オプション、この時は一つだけ使いました

それが座席選択

そうする事で通常7日前からの手続きとなるオンラインチェックインが30日前から可能となるんです

 

この時は3週間程の旅程で終盤の利用、多分大丈夫だと思うけれど予約画面にログインできない、端末トラブルやwi-fiが上手く使えない、なんて悲劇はごめんだ

プリントアウトまでしてから行きたい!ってな訳で座席指定してオンラインチェックインも済ませ、プリントアウトもバッチリの状態で挑みました

 

Visa Checkedって?

荷物は日帰りだったのでホテルに置いてあるので問題なし

さて、ここで最後の難関、ライアンエアー独自の確認システムVisa Checked

EU圏外の方はスタンプを貰わなきゃいけないらしい

うーん、不安だし早めに空港いこ!

プリントアウトしたパスを持ってカウンターへ

 

Visa Checkカウンター・・・んなもん見当たらない

でもチェックインカウンターはあるからとりあえず行ってみる、言ってみる

 

Visa Checked Please」

Domestic flightだからいらないよ!良い旅を!」

 

はい、一瞬で済みました。しかも割と優しい感じ

購入した時ちゃんとサイトに書いてあったのかもしれない

国内旅行はビザチェック不要なんですねーーーー!!!!!

あんなにびくびくビックルで行ったのに拍子抜け

スタンプデビューは先送りとなりました

 

そしてあっさり搭乗。CAさんがちゃきちゃき仕事をこなしていて気持ち良い

f:id:hitorideiku:20161110082859j:plain

到着すると噂のファンファーレ

ライアンエアーはいつも定刻~!」的な事を言っていた気がします

何はともあれ何事もなく良かった良かった

シートピッチは確かにTHE LCCな狭さだけど、価格の安さはぶっちぎり

 

機内持ち込みの荷も2つまでOKなのでちゃんと判って使うなら便利いいかな

でも忘れた時のペナルティや追加料金の項目が細かいので荷の多い移動には絶対使いたくない。短距離日帰りや一泊に使えそう

 

EU圏の方はライアンエアーアプリでチケット提示が出来たりして凄く便利そうでした。興味のある方はぜひ一度ご利用あれ

 

因みに料金表は此方

 

広告を非表示にする