読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりでいく

割とどこへも一人旅、ひとりに慣れ過ぎて色々と麻痺しているかもしれない

知ってお得なストップオーバー

寄道したい国の航空会社を選んだら

前回書いた記事

 

hitorideiku.hatenablog.com

 

寄道って?????

と思われる方もいらっしゃるかもしれません

 

 

貧乏性のべーやん、一回飛ぶなら目的地は複数持つ派

ヘルシンキからフィンランド国内を旅するのも良いのですが

 

ウィーンで音楽も楽しみたいじゃないですか!

イギリスでAfternoon Teaしたいじゃないですか!

メタルの聖地も一目見たいじゃないですか!

 

てな訳で、イギリス例えに書きます

 

 

 

乗り継ぎ空港の街にも滞在する

それがストップオーバー

 

航空券を初めて買う時は、耳慣れない言葉も多くて

「なんじゃそれ・・・」

がいっぱいあると思いますが

上手く使えば楽しみが1つ増えちゃいます

 


フィンエア―さんのサイトでもそれだけの紹介ページがあります

https://www.finnair.com/jp/jp/stopover

 

 

 

復路でヘルシンキに寄り道する

 

単純に往復航空券を買った場合

 

1・関空ヘルシンキーヒースロー

2・ヒースローーヘルシンキ関空

 

それぞれヘルシンキは空港で乗り継ぎ利用だけになってしまいます

これを

 

1・関空ヘルシンキーヒースロー

2・ヒースローーヘルシンキ

3・ヘルシンキ関空

 

とすると2と3の間でヘルシンキ滞在期間が発生

それがストップオーバー

 

 

 

普通に往復航空券を取った場合

 

f:id:hitorideiku:20161104073041j:plain

 

ご覧の様にヘルシンキはほぼ素通り

空港内にお店も色々ありますが

やっぱりちゃんと街並みも楽しみたいもの

 

 

そして時間が許すならば一泊でもしたい所!

そこでこのボタン

 

 

ストップオーバーのチケットを取る

 

トップページに既にそのボタンがあります

赤い矢印部分

f:id:hitorideiku:20161104073722j:plain

 

そして緑の矢印をクリックすると1泊、など滞在日数が選べます

復路に寄り道する様に選ぶとこんな感じ

 

f:id:hitorideiku:20161104074314j:plain

 

もう後は好きに選ぶだけ!

便の多い渡航先だと時間帯、価格も選べます

やはり夜にヘルシンキに着く便の方が少し安いです

 

 

※選ぶだけ!部分が判らない、と言う方は直接サイトから取らず

 旅行会社などで取りましょう

 責任は負いかねます

 

※ストップオーバーにかかる追加費用は航空会社によって変わります

広告を非表示にする